色んな事がありますが

子供の頃にはイジメられ、結婚して子供生んで離婚して、嫌いだったお仕事に嫌いだった人付き合い、必死に生きた50年。
去年は人生の伏線の色んな事が回収された年でした。
こうして見ると人生ってホント悪くない。
みんなみんな繋がっているんだな。
私のこれまでの人生と、これからのあれこれを綴りたくなりブログを初めてみることにしました。
続くか分からないけど頑張るぞ!!

父、入院する

先週の金曜日、父が入院しました。


父は血液の病気で、入退院を繰り返しています。


正直、またかっていう感じ。


私は長女なので何かと母に頼りにされて、


何かがあるとお呼びがかかるんですよね~。。。




お呼びがかかるのは、頼りにされてて嬉しいんだけど


結構甘えられてつらいことも・・。


今回は先週金曜日の新年会(しかも私が幹事)の最中に電話があり


「今新年会だから、後でまた電話する」


って言ったのに盛り上がったので電話のタイミングを外してしまい


翌朝、6時過ぎに電話しました。


そうしたら、『頭が痛いから入院の荷物を持って行ってほしいと』言われ


仕方ないと、とりあえず着替えて速攻で実家(車で30分)に行くと


『コーヒー飲んだら治った』とケロリと言う、脱力させられる母(75)なのです。




母もまた、父(80)に奴隷のように使われているので


出来るだけ私は母の力になりたいと思っています。


でもね、時々振り回されて私の心もザワザワしちゃうんだよね~~。。。




今週土曜日に、母のお兄さんがお見舞いに来ると言っています。


母のお兄さんとは母が人付き合いが苦手な人だったので


お兄さんがお嫁さん貰ってからはあまり付き合いがないんです(30年くらい)


でもお兄さんが独身だったときには私もよく遊んでもらったし


父だって気にかけてて、お見舞いに来てくれるって言う言葉に喜んでいるようです。


当然ですよね。




私も色々な過去があり、色々な思いがあります。


同じように両親や私を含むそれを取り巻く人々も、色々な思いがありますね。


でも、根幹を掘り起こすと皆同じなのだなって思うんです。


それって色々な経験をした今だから感じる事です。


母は自分勝手な父に、かなり苦労させられてるはずなのに


病気になってからのこの10年、本当に献身的に介護しています。


それって絶対『愛』ですよね。


献身的な愛、無償の愛・・『アガベー』ですよね。


母に言うと、


『成り行きよ』って、言われちゃうんですけどね。




とにかく私は色々な『愛』を信じて色々な人の気持ちを調整したいなって思います。


どんな事があっても・・


そんなみんなの『愛』を信じたいなって・・


出来るかな?


でも信じる気持ち、無くしたくないので頑張ります!!



今日もありがとうございます。



羽毛布団

父親が今年1月に80歳になりました。


80歳ってすごいです。


色々とありましたがよくぞここまで生きてくれました。


なので姉妹(3人)で羽毛布団を贈りましょうと


あれこれあれこれ意見交換しています。。




羽毛布団もピンからキリまでって言うのは分かってたけど


一人が「これは?」って言えばそんなに問題なく決まると思っていました。


ところがどっこい


以外と拘り処がみんな違って


未だに全然決められません。。。




羽毛布団の拘り処・・・。


①羽毛→マザーグースがいいみたい。
(でも、原産地も色々あり)


②キルティング→2層キルトは年寄りには重たいみたい。立体キルトがいいらしい。


③メーカー→「西川」でも色々あるらしく、「東京西川」がいいみたい。


④ダウンパワー→430以上


⑤側生地→綿100%がいいけど


⑥値段→まぁ、50000円前後かな?




私は長女なので


妹たちが色々と調べてこだわっている部分を考慮して


落としどころを見つけなければいけません。。。




布団も色々あるんですね。


どこら辺でみんな妥協してくれるのか・・


妹たちの意見を聞きながら、両親が喜ぶ布団、選ぼうと思います。


今週末には関東も


雪マークが出てるので


ホントは早めに贈りたいんだけどね。





同窓会

去年の夏に同窓会がありまして


元旦那さんは同窓生だったので


30年ぶりの再会となったのですが


「笑顔」「笑顔」と


呪文のように繰り返していた言霊は無意味に終わり


顔を見た瞬間に凍り付く私の心・・。


顔もまともに見ることが出来ず


目の前にいるのに目をつぶってその場をやり過ごすという


大人的にどうなの??って感じで終わりました。




元カレ、元カノ、会った時の反応ってどうなんでしょうね。


私の反応って、自分でも謎すぎてへこみました。


色々あったけど30年もたってたら普通に過去の事として割り切れるのかなって


自分の中では思っていました。


お互いの幸せを喜び合ったりしてね、


「今こんなだよ」


なんて話したりしてね。


でも現実は大違い。


気持ちが残っているって言ったら違うと思うけど


それなのにちゃんと話すことも出来なかったのが悲しいな。




同窓会以来、色々と飲み会が増えたけど


いつかまた元旦那さんと繋がりそうで怖い・・って思ってる。


平和に今を生きているのに、どうしても消せない過去。


そんな過去があるから今があるのはわかるけど


30年も経って、またその過去と対峙しなくちゃいけないなんてね。


うやむやにする事を、神様は許してくれないのかな?




そうそう、


私的にはそんな感じでどうにかこうにか整理をしたい元旦那様なのですが


私以外にも色々とかかわりたい人がいるみたいでして


知りたくもない元旦那さんの情報を色々教えてくれる人もいるんです。


そう言う人って、苦労がないんですかね・・?


ホント、無神経にズカズカと元旦那さんの情報を教えてくれるんですよ。


母子家庭で大変な思いして元旦那さんとの娘を育てたのに


元旦那さんの幸せそうな家族の写真を見せてくれたりとか


勿論、今はお互い幸せだったらね、いいんですけどね、


でもやっぱり、私との娘は放棄したのに・・みたいな感情になっちゃう訳ですよ。




人の幸せを心の底から願えれば


本当に幸せだと思います。


そう言う人間になるにはまだまだ道のり遠いなって気付いた今日この頃でした^^;